コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松川弁之助 まつかわ べんのすけ

2件 の用語解説(松川弁之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松川弁之助 まつかわ-べんのすけ

1802-1876 幕末の開拓者。
享和2年4月9日生まれ。越後(えちご)(新潟県)井栗村の大庄屋松川三之助の6男。父の遺志をついで北方開拓をこころざす。安政3年箱館(はこだて)にわたり,荒地を開墾,また五稜郭の築造に従事。ついで樺太(からふと)で漁場の開拓をこころみたが失敗して帰郷。明治9年7月27日死去。75歳。名は重明(しげあき)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松川弁之助

没年:明治9.7.27(1876)
生年:享和2.4.9(1802.5.10)
幕末明治期の北海道開拓者。名は重明,弁之助は通称。越後国蒲原郡井栗村(新潟県三条市)の大庄屋松川三之助重基の6男。父の遺志ともいえる北地開拓への関心から,安政3(1856)年人夫多数を率いて箱館に渡り箱館御用取扱となり,箱館近辺の開墾を行い,五稜郭の土木工事を担当した。さらに樺太の漁場経営をも担当したが不漁年が続き,志半ばで撤退,郷里へ戻った。<参考文献>内橋潔『新潟県北洋漁業発展誌』,北海道総務部編『北海道開拓功労者関係資料集録』下

(紺野哲也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松川弁之助の関連キーワード開拓使北海道開発庁開拓者北海道開発の行政組織伊藤広幾上原轍三郎高倉新一郎仁木竹吉林顕三村橋久成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone