コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作家の日記 さっかのにっきDnevnik pisatelya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作家の日記
さっかのにっき
Dnevnik pisatelya

ロシアの作家 F.ドストエフスキーの作品。 1873年1月から 12月まで雑誌『市民』に掲載された文章と,76年から刊行した個人雑誌『作家の日記』に発表した文章の2つのグループに分けられる。内容は文芸批評,社会批評,自作に対する注釈,政治評論,随筆など幅広いジャンルにわたり,ドストエフスキーの思想を知るうえで必読の書。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さっかのにっき【作家の日記 Dnevnik pisatelya】

ロシアの作家ドストエフスキーの時事評論集。交友回想記や短編小説なども含む。1873年,週刊誌《市民Grazhdanin》に16編の《作家の日記》が載った。76年からは同名の月刊誌として2年余にわたり発行された。妊婦のヒステリーから戦争までの多種多様な時事問題を論じたこの日記によって,ドストエフスキーは予言者風警世家の地位を確立した。彼の論評原理は,個人も国家も教会も文化もすべて感情的精神的生命体であると見る非経済学的主観である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

作家の日記の関連キーワードドストエフスキー(年譜)ジョン・A. ノー菊池 寛菊池寛ウルフ富贍才華

作家の日記の関連情報