見事(読み)ミゴト

デジタル大辞泉「見事」の解説

み‐ごと【見事/美事】

原義。「美事」は当て字》
[形動][文][ナリ]
すばらしいさま。りっぱなさま。「バラが―に咲く」「―な床柱」
巧みなさま。あざやか。「予想が―に的中した」「―な腕前」
(反語的に用いて)完全であるさま。すっかり。「ものの―に失敗した」「―な負けぶりだ」
[派生]みごとさ[名]
[副]に同じ。「―やり通した」
[名]みるべきこと。みるべき価値のあるもの。
「―いとおそし。そのほどは桟敷不用なり」〈徒然・一三七〉
[補説]12は、「お見事」の形で感動詞的にも用いられる。
[類語]殊勝健気神妙奇特感心立派結構素晴らしい良い素敵すてき最高絶妙卓抜秀逸目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ良質上質上等優良佳良純良良好上上上乗グーグッドナイスワンダフル好ましい程よい好個絶好最適じょうずうまい上出来言うことなしあっぱれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「見事」の解説

けん‐じ【見事】

〘名〙 (形動) 見物すること。また、見るべきところがあるさま。見もの。
※御伽草子・秋の夜の長物語(南北朝)「昨日の三井寺の合戦は、世に類も無き見事

みん‐ごと【見事】

〙 「みごと(見事)」の変化した語。
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)上「わしがやうに根から男のない身でさへ、みんごと堪忍しまするぞや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「見事」の解説

【見事】けんじ

朝見する。金文鼎(えんこうしてい)〕侯旨、初めてに見事す。王、旨に貝二十を賞す。

字通「見」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android