コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見事/美事 ミゴト

デジタル大辞泉の解説

み‐ごと【見事/美事】

が原義。「美事」は当て字》
[形動][文][ナリ]
すばらしいさま。りっぱなさま。「バラが―に咲く」「―な床柱」
巧みなさま。あざやか。「予想が―に的中した」「―な腕前」
完全であるさま。すっかり。「ものの―に失敗した」「―な負けぶりだ」
[派生]みごとさ[名]
[副]に同じ。「―やり通した」
[名]みるべきこと。みるべき価値のあるもの。
「―いとおそし。そのほどは桟敷不用なり」〈徒然・一三七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんじ【見事】

( 名 ・形動ナリ )
見ること。また、見るべきところがあるさま。 「さだめて-なる所あるべし/仮名草子・難波物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見事/美事の関連キーワードベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調/piano soloリスト:別れ(ロシア民謡)/piano soloアントワープ中央[駅]カルティエブレッソン岩手県九戸郡九戸村賛嘆・讃歎・讚歎果せる・遂せる勇細し・磯細しクリーンヒット金的を射止めるアメージング晴れ業・晴業ふじやま温泉蘇州古典園林遣って退ける称美・賞美物の見事に特徴付ける望みを属す嘆声・歎声

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android