立派(読み)りっぱ

精選版 日本国語大辞典「立派」の解説

りっ‐ぱ【立派】

〘名〙
① (形動) (派を立てるの意。一説に「立破」の意から) おごそかで美しいこと、あるいは、すぐれていること。見事なこと。また、そのさま。
※俳諧・談林十百韻(1675)下「雪隠のあたりにすだく蛬〈在色〉 りっはに見ゆる萩垣の露〈卜尺〉」
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)上「にわかに青楼の遊びとこころざし、おもてはりつぱで内証はくるしい」
② (形動) 十分に整っているさま。不足や欠点のないさま。
※佐渡流人行(1957)〈松本清張〉二「立派な前科者だ、佐渡送りにしても、どこからも文句の出る尻は無い筈だ」

りゅう‐は リフ‥【立派】

〘名〙
① 派を立てること。ある流派を起こすこと。
※易林本節用集(1597)「立派 リフハ」
② 各派のって立つ立場。たては。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)三「愚僧もおのおのの立派(リウハ)に心得ぬ事あれば」

たて‐は【立派】

〘名〙 (派を立てるの意から) 各派の拠(よ)って立つ立場、主張など。各派の領分。また、その人の主義、主張。
※家忠日記‐天正九年(1581)九月八日「彼座頭に大うすのたては聞候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立派」の解説

りっ‐ぱ【立派】

[形動][文][ナリ]一派を立てる意から。一説に「立破」の音から》
威厳があって美しいさま。堂々としているさま。また、非常にすぐれているさま。「立派な邸宅」「立派な業績」
十分に整っているさま。不足や欠点のないさま。「立派に生活を立てていく」「立派な大人」
[派生]りっぱさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android