信近 春城(読み)ノブチカ シュンジョウ

20世紀日本人名事典の解説

信近 春城
ノブチカ シュンジョウ

明治期の日本画家 国画玉成会評議員。



生年
明治18(1885)年

没年
明治43(1910)年2月5日

出生地
岡山県

主な受賞名〔年〕
内国勧業博覧会三等賞(第5回)〔明治36年〕「傾城傾国美」,文展三等賞(第1回)〔明治40年〕「釈迦に頻王」

経歴
はじめ大阪の日本画家・深田直城に師事。14歳で後素協会主催の第二回絵画共進会の四等入賞を果たし、早熟な才能を発揮。次いで、18歳の時には第五回内国勧業博覧会の三等賞を受賞するなど、入選・入賞を重ねた。20歳のころ京都に赴き画家・菊池芳文に入門し、さらに東京に転じて関東画壇の重鎮・橋本雅邦に学び、画技を研鑽。40年文展の開設に伴い、新派の日本画家による国画玉成会の結成に参加し、その評議員となった。同年の第1回文展では「釈迦に頻王」で三等に入賞し、大いにその将来を嘱望されたが、間もなく東京を離れ、43年25歳で夭折した。作品は「悉多太子出城」「傾城傾国美」など、歴史に題材をとったものが多い。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android