信 欣三(読み)シン キンゾウ

20世紀日本人名事典の解説

信 欣三
シン キンゾウ

昭和期の俳優



生年
明治43(1910)年7月9日

没年
昭和63(1988)年12月26日

出生地
東京

本名
金蔵

別名
別名=信 欽三

学歴〔年〕
東京府立一商卒

経歴
戦前は左翼劇場新協劇団、瑞穂劇団で、戦後は俳優座民芸で活躍し、のちフリー。代表作は「火山灰地」「田宮のイメージ」など。映画、テレビにも数多く出演し、細やかで深い人間味をたたえた演技を示すバイプレイヤーとして貴重な存在だった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

信 欣三
シン キンゾウ


職業
俳優

本名
信 金蔵

別名
別名=信 欽三

生年月日
明治43年 7月9日

出生地
東京市(東京都)

学歴
東京府立一商卒

経歴
左翼劇場を経て、昭和9年新協劇団の旗揚げに参加、「夜明け前」など主な舞台にほとんど出演。15年弾圧による解散後、17年宇野重吉らと瑞穂劇団を結成、農山村を巡演。戦後、俳優座に入り、「火山灰地」「田宮のイメージ」に出演。29年退団、30年民芸に加入、「愛は死をこえて」「オットーと呼ばれる日本人」「アンネの日記」などに出演。41年民芸を退団、フリーを経て俳優座に所属。◆映画、テレビにも数多く出演し、細やかで深い人間味をたたえた演技を示すバイプレイヤーとして貴重な存在だった。戦後の代表作に「我が恋は燃えぬ」(24年)、「きけわだつみの声」(25年)、「あやに愛しき」(31年)、「帝銀事件・死刑囚」(39年)、「忍ぶ川」(47年)、「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」(56年)など。

没年月日
昭和63年 12月26日 (1988年)

伝記
4人でしゃべった 小沢 栄太郎,松本 克平,嵯峨 善兵,信 欣三 著(発行元 早川書房 ’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android