コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出来 シュッタイ

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐たい【出来】

[名](スル)《「しゅつらい」の音変化》
事件が起こること。「珍事が出来する」
物事ができあがること。「近日中に出来」「重版出来

しゅつ‐らい【出来】

出てくること。起こること。現れること。→しゅったい
「天地―セシヨリコノカタ」〈ロドリゲス日本大文典

で‐き【出来】

ものができること。できあがること。また、できあがったもの。「南部出来の鉄瓶」
できあがった状態。できぐあい。できばえ。「試験の出来が悪い」「急いだわりにはりっぱな出来だ」「上出来
みのり。収穫。「今年は米の出来がいい」
よくできていること。「出来不出来」
「弥次さん、ありゃあおめえ一生の―だぜ」〈滑・膝栗毛・四〉
出来合い」の略。
「―で買って来た下駄箱には」〈花袋・生〉
出来魚(できうお)」の略。「出来ハゼ」
取引所で、売買が成立すること。
(接頭語的に用いて)にわかにできあがること、急に成り上がることなどの意を表す。「出来心」「出来分限(ぶげん)」「出来あきんど」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅったい【出来】

( 名 ) スル
〔「しゅつらい」の転〕
物事が起こること。 「大事件が-する」 「要用の-したるにや、突然手紙を寄せて/福翁百話 諭吉
物事ができあがること。完成。 → しゅつらい(出来)

しゅつらい【出来】

( 名 ) スル
〔「いできたる」の漢字表記「出来」を音読みした語。「しゅったい」とも〕
事件などが起こること。 「大事件が-する」
物事ができ上がること。成就。 「語彙と称する日本字引編集あるよし追々-すべしと/新聞雑誌 6

でき【出来】

できること。できあがること。 「今-の品」 「 -高」
できあがったもののようす。作られ方。でき具合。できばえ。 「昔の物は-が違う」 「いつもより-が悪い」 「上-」
農作物の実り具合。収穫。 「米は七分の-だ」
釣りで、魚が孵化ふかして一年以内であること。当歳。 「 -ハゼ」
よくできていること。 「是も-でござる/狂言・角水聟」
接頭語的に用いて、一時的に生じたこと、急になり上がることの意を表す。 「 -心」 「 -分限」

でく【出来】

( 動カ変 )
〔「いでく(出来)」の転〕
出て来る。生ずる。 「父がなうてはどこから-・こうぞ/史記抄 6
仕上がる。作られる。できる。 「明日の今比-・くるやうに頼みまらせう/狂言・仏師」 〔中世以降、打ち消しに「できぬ」の形が生じたため、カ変か上二段か判断のつかないものが多い〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

出来の関連キーワードキャッシュ・フロー(Cash flow)巧遅は拙速に如かず出来ちゃった結婚クローズアウト意に満たない出来ない相談ハードケースグッジョブ出来不出来出来不申草鞋食い出来立て出来具合出来した期待外れ往にし頃平均点割合に有り物腹構え

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出来の関連情報