修治(読み)シュウジ

大辞林 第三版の解説

しゅうじ【修治】

しゅうち【修治】

( 名 ) スル
つくろいなおすこと。しゅうじ。 「不幸なる時運を-する絶技/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐じ シウヂ【修治】

〘名〙 (「しゅうち」とも)
① つくろってなおすこと。手を入れること。しゅじ。
※門葉記抄‐建久三年(1192)七月一四日・後鳥羽天皇宣旨「可治塔婆之由所示送也」
※四河入海(17C前)九「古(もと)より此東池はあるが、頃(このごろ)廃して有るを、一新して今修治する義ぞ」 〔韓非子‐五蠹〕
② 漢方で、毒性を含んだ薬草を加工して毒性を緩和することをいう。

しゅう‐ち シウ‥【修治】

しゅ‐じ ‥ヂ【修治】

〘名〙 (「しゅ」は「修」の呉音) 手を入れて修理をすること。
※今昔(1120頃か)二「仏の相好の損じ𡙇(かけ)給へらむを見ては、必ず土を以も木を以も修治し可奉し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の修治の言及

【漢方薬】より

…薬物の副作用としては,漢方薬も現代薬と共通する点が多いが,漢方独自の面もある。(1)生薬材料調製と煎出の操作に関連する副作用 副作用軽減や効果を強める目的で,生薬材料に加工を加えることを漢方で修治という。附子はあらかじめ蒸すか煮る操作を加えると毒性が減ずる。…

※「修治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

修治の関連情報