倉見荘(読み)くらみのしょう

百科事典マイペディアの解説

倉見荘【くらみのしょう】

若狭国三方(みかた)郡の荘園。現福井県若狭町倉見を中心に,北方常神(つねかみ)半島西浦の一部(三川浦など)をも含んだ。立荘時期や成立事情は不明だが,1235年には京都新日吉(いまひえ)社領で,数十年来油役を勤仕してきたという。1265年の〈若狭国大田文写〉によると田積は14町余。新日吉社が保持していたのは領家職で,地頭職は鎌倉時代末期に得宗領となる。1411年には荘内〈黒田・小野・加屋〉の3(みょう)は京都鹿王(ろくおう)院領となっており,1413年将軍足利義持は〈安禅寺領太郎丸・五郎丸両名,脇山名〉を除く倉見荘を京都等持(とうじ)院に寄進している。鹿王院等持院とも足利将軍家と深いつながりをもつ寺院であり,いったん御料所化した倉見荘が細分されて寄進されていったと推定される。なお〈三川浦(御賀尾浦)〉(のちの神子浦)は荘内でありながら半ば独立した所領単位であった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くらみのしょう【倉見荘】

若狭国(福井県)三方(みかた)郡の荘園。現,三方町南部,鰣(はす)川上流域の倉見から横渡・井崎・黒田・田上にかけての地域と,御賀尾浦(現,三方町神子(みこ))など浦若干を含む。1296年(永仁4)の実検田目録には除田定田ならびに〈加野新田〉合わせて100町歩余を記載する(大音文書)。立荘時期・成立事情は明らかでないが,1235年(嘉禎1)12月15日の延暦寺政所下文(写)に引く同荘雑掌の解(げ)(上申書)には,新日吉(いまひえ)社領として油役を勤仕すること数十年と述べている(同文書)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android