コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭奴国王印 わのなのこくおういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倭奴国王印
わのなのこくおういん

天明4 (1784) 年,筑前 (福岡県) 志賀島から出土した金印。百姓甚兵衛が持田から発見。方形の印台にへび状の鈕を備え,総高 2.25cm弱,印台1辺 2.30cm強,厚さ 0.85cm弱,重さ約 108.7g。文字は隷書体で「漢委奴国王 (かんのわのなのこくおう) 」と刻まれている。『後漢書東夷伝にみえる倭の奴国の王が,光武帝に朝貢したときに賜わったものと考えられる。1世紀頃の日本と中国との関係を物語る重要な史料である。一部に私印説,偽物説もある。福岡藩主黒田家に伝えられ,現在は福岡市博物館に所蔵,国宝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わのなのこくおういん【倭奴国王印】

《後漢書》にみえる光武帝が建武中元2年(57),倭奴国王に贈ったとされる金印。1784年(天明4)2月23日,博多湾志賀島で百姓甚兵衛が水田の溝を修理していたところ,二人持ちの大石が現れ,これを掘り起こすと金印が出てきたと伝えられる。当時福岡藩の藩校甘棠(かんとう)館の祭酒(校長)であった亀井南冥はこれを鑑定し,実物であることを主張,《金印弁》を著している。その後,金印は黒田家所蔵となったが,近年福岡市に寄贈された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わのなのこくおうのいん【倭奴国王印】

1784年博多湾の志賀島しかのしまで出土した金印。蛇鈕だちゆう(ヘビ形のつまみ)のついた一辺約2.3センチメートルの正方形の印面に「漢委奴国王」の五文字が刻されている。57年、後漢の光武帝が、朝貢した倭奴国に印綬いんじゆを賜ったという「後漢書東夷伝」の記事に該当するものと考えられている。漢委奴国王印。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の倭奴国王印の言及

【筑前国】より

… 古来その地理的位置から中国大陸や朝鮮半島に対する門戸として重要な役割を果たした。57年には福岡市付近に所在した奴国が後漢に朝貢して印綬を与えられたが,この印は1784年(天明4)志賀島で発見された金印(倭奴国王印)とされる。3世紀には邪馬台国女王卑弥呼に任命された一大率(いちだいそつ)が伊都国(糸島郡)に駐在し,諸国の検察や帯方郡使の応接などに当たったとされる。…

※「倭奴国王印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

倭奴国王印の関連キーワード後漢書東夷伝漢倭奴国王印漢委奴国王印早良区筑前国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android