コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

い〔ヰ〕【偉】

[名・形動]大きくりっぱなこと。すぐれていること。また、そのさま。「その功たるやなり」
「―な塊を脳中に髣髴(ほうふつ)して」〈漱石それから

い【偉】[漢字項目]

常用漢字] [音](ヰ)(呉)(漢) [訓]えらい
優れている。「偉勲偉材偉人
大きくて立派である。「偉観偉大偉丈夫魁偉(かいい)雄偉
[名のり]いさむ・おおい・たけ・より

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

い【偉】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
大きくて立派であること。すぐれていること。また、そのさま。 「高論寔まことに-にして妙なり/慨世士伝 逍遥
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

偉の関連キーワード開かずの門・不開の門蛸の糞で頭に上がる石川県七尾市和倉町自慢高慢馬鹿のうちいいんじゃない?偉がり・豪がりスタンプラリー大きな口をきく出羽ノ花国市開けずの門揺るぎ歩く大口を叩く口幅ったい厳つを出す大威張り空威張り嵩押し口広い達智門口振り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偉の関連情報