コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏り/片寄り カタヨリ

3件 の用語解説(偏り/片寄りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かた‐より【偏り/片寄り】

かたよること。「栄養に―のないようにする」
光などの横波の振動が、その伝わる方向に垂直な方向のうち、ある方向にだけ特に著しい現象。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偏り
かたより
measurement bias

系統測定誤差(特定の原因があって生じ、真の値との差に方向性のある誤差)の推定値。従来の誤差論では、測定における誤差を、何らかのつきとめうる原因に基づき系統的に一方向にずれる成分の「偏り」と、偶然的に分布する成分の「ばらつき」に分けていた。1993年に文書化された「測定不確かさ評価の手法」では、偏りがあれば、それを補正した後の総合的な測定結果のばらつきを「不確かさ」として評価することを推奨している。しかし、場合によってはこの偏りも含めて総合的に合成する手法もありうる。
 測定不確かさ評価の手法では、ばらつきの成分を系統的なものと偶然的なものに区別することなく、種々の要因ごとのばらつきを求めて、それらを総合的に合成し、一定の信頼の水準を示して表現することを推奨している。[今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone