コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偕楽園焼 カイラクエンヤキ

大辞林 第三版の解説

かいらくえんやき【偕楽園焼】

紀州徳川家別邸西浜御殿内の偕楽園で作られたお庭焼。十代藩主治宝はるとみが、楽らく旦入・仁阿弥道八・永楽保全らを招いて交趾こうし写しなどを作陶させた。紀州焼。紀州御庭焼。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偕楽園焼
かいらくえんやき

紀州第10代藩主徳川治宝(はるとみ)が別邸西浜御殿内で焼かせた御庭(おにわ)焼。西浜御殿は和歌山市西浜3丁目付近にあったと推定される。治宝は1819年(文政2)3月に御殿が完成してまもなく、京都の楽焼(らくやき)の陶工を招いて開窯し、以後、27年、31年(天保2)、37年と焼造は前後4回にわたって行われたと考えられる。偕楽園の称は邸の庭園の名称に由来し、「偕楽園製」の印銘のほか、参加した主として京都の陶工の印を捺(お)した作品も多い。楽焼に始まり、青磁、染付(そめつけ)、色絵(いろえ)、黄釉(こうゆう)、交趾(こうち)、白磁などすこぶる多彩である。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

偕楽園焼の関連キーワード西村善五郎(10代)高橋道八(2代)仁阿弥道八楽焼交趾

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android