コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備中神楽

2件 の用語解説(備中神楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

備中神楽

岡山県の備中地方に伝わる民俗芸能。荒神信仰にもとづく採物神楽の一種で、かつては「荒神神楽」ともよばれ、神職のみが行っていた。「猿田彦命の舞」「大国主命の国譲り」「布舞」などの演目がある。1979年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

備中神楽
びっちゅうかぐら

岡山県高梁(たかはし)市の成羽(なりわ)町、備中町や、井原(いばら)市の美星(びせい)町と芳井(よしい)町、小田郡の矢掛(やかげ)町などに伝わる神楽。11月から翌年2月にかけて行われる。宮(みや)神楽と荒神(こうじん)神楽の2種類がある。宮神楽は多く毎年の氏神祭の宵宮(よいみや)に神社の拝殿で「岩戸開(びらき)」「国譲り」「八重垣(やえがき)(大蛇(おろち)退治)」の神能(しんのう)三番を演じる。この三番は文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~1830)の国学者西林国橋(にしばやしこっきょう)の創案になる神話劇。人気を得て祭りの奉納神楽となった。荒神神楽は同族もしくは集落単位の荒神祭りで、7年目ごとや13年目の式年祭に神殿(こうどの)という祭場を野外に特設して盛大に行う。「白蓋(びゃっかい)行事」などの神事や前記の神能のほか「布舞(ぬのまい)」と「綱舞(つなまい)」では神がかりによる託宣を行うなど古態を残す。国指定重要無形民俗文化財。[渡辺伸夫]
『山根堅一・坂本一夫著『備中神楽』(日本文教出版社・岡山文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

備中神楽の関連キーワード鬼舞おばこ鳥毛打ち民俗芸能・民俗藝能だるだる岡山県加賀郡岡山県総社市上林岡山県津山市荒神山ひやま民俗芸能の会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

備中神楽の関連情報