コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒神神楽 こうじんかぐら

2件 の用語解説(荒神神楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒神神楽
こうじんかぐら

岡山県広島県のかつての備中国備後国美作国を中心とする地域の,荒神をまつる神楽。荒神には竈神屋敷神,同族神などさまざまあるが,いずれも荒々しい神で,少しでも祭りを怠るとたたりをなすとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒神神楽
こうじんかぐら

岡山県備中(びっちゅう)地方と広島県備後(びんご)地方などで荒神信仰に基づいて行われる神楽。同族もしくは集落単位で祀(まつ)る荒神(祖霊神)の祭りで、7年目、13年目の秋から冬にかけての式年祭には当番組の田や畑の上に神殿(高殿)(こうどの)と称する仮屋(かりや)を設け、これを舞台として徹夜で行う。神殿神楽ともいう。4日から7日間に及ぶ盛大なもので、神殿には天井から白蓋(びゃっかい)と称する天蓋を吊(つ)り下げる。神楽は出雲(いずも)流の神楽で、「榊舞(さかきまい)」などの採物(とりもの)の舞と「天岩戸(あまのいわと)開き」「国譲り」「大蛇(おろち)退治」などの神能(しんのう)からなるが、「動座・鎮座」(白蓋神事)や「託宣」などの神事的な要素が多い。神がかりによる託宣行事の「託舞」は、夜明けごろ、荒神の神座である藁蛇(わらへび)を舞台に張り渡し、これに託太夫をかからせて豊凶や災害などについて託宣を聞く。代表的なものに、岡山県高梁(たかはし)市の備中町や成羽(なりわ)町、広島県の庄原(しょうばら)市と神石(じんせき)郡神石高原町の神楽がある。[渡辺伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒神神楽の関連情報