コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七分金積立 しちぶきんつみたて

3件 の用語解説(七分金積立の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七分金積立
しちぶきんつみたて

江戸時代,寛政の改革において松平定信が江戸市中の窮民救済と低利資金貸付けのため実施した積金政策。幕府は天明5 (1785) 年から寛政1 (89) 年までの江戸町費を調査,これを基に節約できる町費の額を算定,このうち 70%を積立てて江戸市民の救済にあてることとし,このための事務所として町会所 (→江戸町会所 ) を設立,幕府も2万両を与えて援助した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しちぶきんつみたて【七分金積立】

1791年、松平定信が発案した積立金制度。江戸の地主が負担する町入用まちにゆうよう(町費)を倹約し、その倹約分の七割を町会所に積み立て、救貧基金として利殖運用したもの。維新後、新政府の東京市運営の財源として利用された。七分積立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七分金積立
しちぶきんつみたて

寛政(かんせい)の改革のおり、老中松平定信(さだのぶ)が、江戸市民の救済施設としての町会所(まちかいしょ)を維持するために設けた積立金の制度。1791年(寛政3)12月に発令され、1868年(慶応4)6月に中止されるまで続いた。各町より1785年(天明5)から89年(寛政1)までの町費の平均を提出させ、これと節減できた町費との差額の7分(7割)を毎年積み立てて備荒(びこう)貯蓄などのための積金とした。残りの2分は地主に還元し、1分は臨時の町入用(まちにゅうよう)の予備金として積み立てた。積金は毎年約2万両の予定であったが、年により若干の増減があった。七分金積立によって囲籾(かこいもみ)買入、米倉の修理、家賃貸付などが行われたが、しだいに富商の金融資金として利用されるようになった。[南 和男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七分金積立の関連キーワード池田治政松平乗完松平楽翁松平信明寛政の改革寛政寛政の三忠臣七分積み金久世広民戸田氏教

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone