コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

像法 ぞうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

像法
ぞうほう

仏教用語。正法,像法,末法という三時の一つ (→三時思想 ) 。像法とは,仏滅後 500年間,あるいは 1000年間,正法に近似した法が行われる期間の意味。実践修行をする人はいても,真の証果に達する者のない期間をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうぼう【像法】

〘仏〙 三時の一。正法に似た仏法が行われる時代。正法時代ののち、五百年または千年間の称。教法と修行者は存在するが、正しい修行が行われないため悟りを開く者が出ない時期。像法時。 → 正法末法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

像法の関連キーワードオートプシーイメージング末法灯明記・末法燈明記電子線ホログラフィーエラストグラフィーカラーペーパーNMRCT末法灯明記核磁気共鳴于闐国懸記微粒子現像五五百年小川誠二地熱探査断層撮影末法思想反転現像五五百歳画像診断MRI鉈彫り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android