僧ヶ岳県立自然公園(読み)そうがだけけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧ヶ岳県立自然公園
そうがだけけんりつしぜんこうえん

富山県北東部,黒部市魚津市の境にある僧ヶ岳(1855m),駒ヶ岳(2002m)を中心とした山岳自然公園。面積 58km2。2011年指定。僧ヶ岳は立山連峰の最北端に位置し,古くから山岳信仰の対象であるとともに,融雪期の雪形が農耕の目安とされてきた。周辺地域は豊かな植生を有し,ユキツバキやタテヤマスゲ,トチノキなどの群落が分布する。僧ヶ岳山頂付近の仏ヶ平は,シモツケソウウメバチソウなど数多くの花が見られる。また,国の特別天然記念物であるニホンカモシカのほか,イヌワシクマタカなど希少な野生生物の生息が確認されている。北東麓に宇奈月温泉があり,登山の拠点となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android