コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

優先弁済 ゆうせんべんさい

大辞林 第三版の解説

ゆうせんべんさい【優先弁済】

ある債権者が債務者の総財産または特定財産から弁済を他の債権者に先立って受けること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

優先弁済
ゆうせんべんさい

債権者が債務者の全財産または特定の財産から弁済を受けるときに、他の債権者に先んじて自分の債権の満足を得ること。民法は債権者平等の原則にのっとっており、たとえば、ある債務者に対してAが300万円、Bが200万円、Cが100万円の債権をもっており、債務者に財産が300万円しかなかった場合には、A、B、Cはそれぞれ150万円、100万円、50万円の満足を得るにとどまる。優先弁済はこの平等を崩すものであり、前記の例でCに優先弁済が認められると、Aは120万円、Bは80万円、Cは100万円の範囲で債権の満足を得ることになる。さまざまな担保権には優先弁済を受ける力が認められているが、留置権には優先弁済権が認められていない。ただし、留置権者は、債務の弁済を受けるまでは目的物を留置することができるため、事実上は優先弁済を受けることができる。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

優先弁済の関連キーワードゼネラルモーゲージ担保付社債質入れ裏書商事留置権企業担保共同抵当物上代位転付命令共益費抵当権権利質根抵当転質質権流質

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

優先弁済の関連情報