コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元禄花見踊 げんろくはなみおどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元禄花見踊
げんろくはなみおどり

長唄曲名。本名題『元禄風花見踊』。 1878年6月,東京新富座開場式で初演。作詞竹柴瓢助,作曲3世杵屋正治郎。上野の山内で元禄風俗をした男女が派手な姿で踊る花見のにぎやかさを描写したはなやかな曲。特に「連れて着つれて」のにぎやかな旋律は有名。一部に3拍子を含む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げんろくはなみおどり〔ゲンロクはなみをどり〕【元禄花見踊】

歌舞伎舞踊長唄。本名題「元禄風花見踊」。竹柴瓢助(たけしばひょうすけ)作詞、3世杵屋正次郎(きねやしょうじろう)作曲。明治11年(1878)東京新富座初演。元禄時代の上野の山の花見を題材に、遊女・武士・若衆・奴(やっこ)などが集まってにぎやかに踊るもの。花見踊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

元禄花見踊【げんろくはなみおどり】

長唄の曲名。本名題《元禄風花見踊》。竹柴瓢助作詞。3世杵屋正次郎作曲。1878年初演。元禄時代のはなやかな花見風景を描き,派手な作曲と演出によって,この種の曲の代表的なものになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんろくはなみおどり【元禄花見踊】

歌舞伎舞踊。長唄。本名題《元禄風花見踊》。1878年6月9世市川団十郎,5世尾上菊五郎,初世市川左団次,8世岩井半四郎市川小団次ほかにより東京新富座初演。作詞竹柴瓢助。作曲3世杵屋(きねや)正次郎。振付初世花柳寿輔ほか。上野の山の花見で,湯女,武士,若衆,町娘,奴,町人など元禄の風俗を写した総踊。二上り花やかな元禄風の気分を旋律化し,外国にも有名な曲である。【西形 節子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんろくはなみおどり【元禄花見踊】

歌舞伎所作事。長唄。本名題「元禄風花見踊」。竹柴瓢助作詞。三世杵屋正次郎作曲。1878年(明治11)新富座開場式で初演。二上りで、華やかな元禄期の上野の山の花見風俗を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元禄花見踊
げんろくはなみおどり

長唄(ながうた)の曲名。通称「花見踊」「元禄風花見踊」。1878年(明治11)6月初演。竹柴瓢助(たけしばひょうすけ)作詞、3代目杵屋(きねや)正治郎作曲。新富座新築のとき、開場式の大切(おおぎり)の余興として演奏された。長唄のなかではもっともポピュラーな作品の一つ。元禄時代(1688~1704)の上野の花見を題材に、武士、奴(やっこ)、若衆、遊女、町人などが、さまざまな風俗で集まり踊るという、さながら絵巻物の絢爛(けんらん)豪華な世界を表している。曲全体が二上りで作曲され、唄も高音域が多く、華やかさのあふれる曲になっている。「連れて来つれて」の部分のトーンチチン、イヤチャチャチャチャチャンという三味線の旋律は耳慣れたものになっている。[茂手木潔子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

元禄花見踊の関連キーワード東京(都)エアトンメンデンホールローレンツ金子堅太郎キント島田一良ハリス霞石閃長岩郡長

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

元禄花見踊の関連情報