コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元結紙 モトユイガミ

デジタル大辞泉の解説

もとゆい‐がみ〔もとゆひ‐〕【元結紙】

髻(もとどり)を束ねるための紙。もといがみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

元結紙【もとゆいがみ】

元結の製造に使う原紙コウゾを原料とした手すき和紙で,米粉を加えたものと,加えないものがあり,福井,長野,栃木などの各県で産した。現在はマニラ麻クラフトパルプ,純白の廃紙を配合し,丸網抄紙機ですく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

もとゆいがみ【元結紙】

髻を結ぶ細い紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

元結紙の関連キーワード水引

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android