コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先志摩 さきしま

3件 の用語解説(先志摩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先志摩
さきしま

三重県東部,志摩半島南部の地域。奥志摩ともいう。鳥羽市国崎-横山 (203m) -志摩市浜島を結ぶ線以南をさし,先志摩台地呼ばれる海食台地が発達している。また別に志摩半島南端の先志摩半島のみをさす場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕先志摩(さきしま)


三重県の志摩半島南東部にある小半島。隆起海食台地からなり、英虞(あご)湾側は典型的なリアス式沈降海岸をなす。標高30~50m。伊勢(いせ)志摩国立公園の一中心。湾内では真珠やカキの養殖、外海では海女(あま)漁が盛ん。奥志摩(おくしま)ともいう。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先志摩
さきしま

三重県中東部、志摩半島の南東を占める先志摩台地とよばれる隆起海食台地の呼称。また大王(だいおう)崎から西へ伸びる先志摩半島と英虞(あご)湾周辺に限ってよぶこともある。志摩半島の北部は伊勢(いせ)市、鳥羽(とば)市などを中心に古くから開けたが、先志摩ではリアス式の湾入の奥に半農半漁の浦村が点在し、近代化が遅れ、古い民俗がいまも残存する。伊勢志摩の観光開発が進むにつれ、先志摩に奥志摩と新しい呼び名もつけられ、観光客も増えている。国道260号が先志摩半島の先端まで延びる。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の先志摩の言及

【志摩半島】より

…紀伊半島の東端,三重県中央部で太平洋に突出した台形の半島。南部ではさらに先志摩(さきしま)と称される小半島が分岐している。北は伊勢湾,東は遠州灘,南は熊野灘に臨み,狭義には鳥羽市北西郊の池ノ浦の湾入と志摩郡浜島町南張(なんばり)とを結ぶ線以東の旧志摩国の範囲をさす。…

※「先志摩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone