コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先験哲学 せんけんてつがくtranscendentalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先験哲学
せんけんてつがく
transcendentalism

カントが自己の認識批判の方法論的立場を表わすために『純粋理性批判』において用いた言葉。スコラ哲学では transcendentiaは「存在」「真」「善」「一」など,カテゴリアをこえるものであり,カントにおいても「物自体」の認識は超越的認識であるとされたが,ここでいう transcendentalは「超越的」に対して「超越論的」,換言すれば「先験的」の意である。すなわち超越的な対象についての認識ではなく,対象についてのわれわれの認識の仕方を主観の側のア・プリオリな条件において規定する立場を先験哲学という。 F.シェリングでは,自然哲学に対して先験哲学の立場が主張されるが,カントの批判哲学としての先験哲学とは異なり,思弁的,形而上学的傾向が強い。なお,R.エマソンに代表されるアメリカロマン主義的哲学はカントの先験哲学,先験主義と区別されて,超絶主義,超絶 (超越) 論といわれる。 (→先験的観念論 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先験哲学
せんけんてつがく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の先験哲学の言及

【存在論】より

… カントも〈存在論〉を哲学体系に取り入れた。《純粋理性批判》では,広義の形而上学は〈予備学〉としての〈批判〉と体系としての形而上学を含み,後者は〈自然の形而上学〉と〈道徳の形而上学〉に分かれ,〈自然の形而上学〉ではその第1部門を〈先験哲学Transzendentalphilosophie〉すなわち〈存在論〉とし,〈合理的自然学〉〈合理的心理学〉〈合理的宇宙論〉〈合理的神学〉に先立てている。《形而上学講義》(K.H.L.ペーリッツ編,1821)では,〈形而上学〉とは〈ア・プリオリな諸原理〉に依存する〈純粋哲学の体系〉であり,〈ア・プリオリな認識がいかにして可能であるか〉に答えるのが〈純粋理性批判〉の任務とする。…

※「先験哲学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone