コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

は【派】

一つのもとから分かれ出た、流儀や傾向・態度を同じくするそれぞれの仲間・系統。「党内に新しくを立てる」
接尾語的に用いて、仲間・系統を表す語の下に付き、そのような性格・傾向をもったものの意を表す。「主流」「印象」「鷹(たか)と鳩

は【派】[漢字項目]

[音](慣)
学習漢字]6年
本から分かれる。「派生
分かれ出たもの。枝分かれした仲間・集団。「派閥一派学派硬派左派宗派党派流派
一部を分けて行かせる。「派遣派出派兵急派増派特派
[名のり]また

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

は【派】

主義・主張・流儀などを同じくすることによってできた人々の集団・仲間。 「新しい-を立てる」
接尾語的に用いて、芸術・技術・学問・宗旨などの、ある流れや傾向に属していることを表す。 「浪漫-の詩人」 「新感覚-」
接尾語的に用いて、そのような性格・傾向をもった人の意。 「慎重-」 「改革-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

派の関連キーワードインドヨーロッパ語族・インドイラクのスンニ派、シーア派アフマドイブンハンバルインド・ヨーロッパ語族ハサン・サッバーフ近未来政治研究会イスマーイール派シバ・プラーナ清和政策研究会シャーフィイーバーガバタ派ファリザイ派ピューリタンマーリク派平成研究会高山族諸語バダガライ四明天台十三門派新義真言

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

派の関連情報