(読み)は

精選版 日本国語大辞典「派」の解説

は【派】

〘名〙 流儀や主義、思想、態度などを同じくすることによってできたそれぞれの集団・仲間。えだ。流派。また接尾語的に、それらの流れや仲間を表わす語の下に付いて、それが一つのまとまった組織・系統や傾向を持っていることを示すのにも用いる。「個性派」
※正法眼蔵(1231‐53)仏道「あるいは南禅師の一派を称して、黄龍宗と称しきたれりといへども、その派、とほからずあやまりをしるべし」

は‐・する【派】

〘他サ変〙 は・す 〘他サ変〙 派遣する。出張させる。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「時機に投じて頻に人を四方に派し」

は‐・す【派】

〘他サ変〙 ⇒はする(派)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「派」の解説

は【派】

一つのもとから分かれ出た、流儀や傾向・態度を同じくするそれぞれの仲間・系統。「党内に新しくを立てる」
接尾語的に用いて、仲間・系統を表す語の下に付き、そのような性格・傾向をもったものの意を表す。「主流」「印象」「たかと鳩
[類語]党派派閥旧派新派分派別派

は【派】[漢字項目]

[音](慣)
学習漢字]6年
本から分かれる。「派生
分かれ出たもの。枝分かれした仲間・集団。「派閥一派学派硬派左派宗派党派流派
一部を分けて行かせる。「派遣派出派兵急派増派特派
[名のり]また

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android