(読み)ハ

  • は・す
  • は・する
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

一つのもとから分かれ出た、流儀や傾向・態度を同じくするそれぞれの仲間・系統。「党内に新しくを立てる」
接尾語的に用いて、仲間・系統を表す語の下に付き、そのような性格・傾向をもったものの意を表す。「主流」「印象」「鷹(たか)と鳩
[音](慣)
学習漢字]6年
本から分かれる。「派生
分かれ出たもの。枝分かれした仲間・集団。「派閥一派学派硬派左派宗派党派流派
一部を分けて行かせる。「派遣派出派兵急派増派特派
[名のり]また

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

主義・主張・流儀などを同じくすることによってできた人々の集団・仲間。 新しい-を立てる
接尾語的に用いて、芸術・技術・学問・宗旨などの、ある流れや傾向に属していることを表す。 浪漫-の詩人 新感覚-
接尾語的に用いて、そのような性格・傾向をもった人の意。 慎重- 改革-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 流儀や主義、思想、態度などを同じくすることによってできたそれぞれの集団・仲間。えだ。流派。また接尾語的に、それらの流れや仲間を表わす語の下に付いて、それが一つのまとまった組織・系統や傾向を持っていることを示すのにも用いる。「個性派」
※正法眼蔵(1231‐53)仏道「あるいは南禅師の一派を称して、黄龍宗と称しきたれりといへども、その派、とほからずあやまりをしるべし」
〘他サ変〙 は・す 〘他サ変〙 派遣する。出張させる。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「時機に投じて頻に人を四方に派し」
〘他サ変〙 ⇒はする(派)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

派の関連情報