コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江保 いりえのほ

世界大百科事典 第2版の解説

いりえのほ【入江保】

安芸国高宮郡(現,広島県高田郡吉田町上入江,下入江)の主殿寮便補保(びんぽのほ)。1189年(文治5)安芸国司により年別油3石3斗4升4合,大粮米76石4升4合の負担地として便補指定をうけ成立。成立当時の作田数は6反余という狭小なもので国衙在庁の妨げもみられたが,やがて領有が安定し1274年(文永11)の年貢散用状(計算書)によれば,田31町310歩,畠22町7反大40歩,栗林7町3反大,京進にあてられる所出物は米,大豆,搗栗(かちぐり)のほか桑代布,花紙,在家苧,宿直銭,御覧箱,雑皮,串柿,炭薪,漆などの多岐にわたっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android