コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保司 ほし

1件 の用語解説(保司の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほし【保司】

中世的所領単位の一つであるの管理責任者。保は一般には開発の申請にもとづき,国守の認定を得て立保されるが,その際,立保・開発の申請者は保司の地位を与えられ,保の所務権を掌握した。保司が在京の領主であったばあいは,現地で開発を請け負った在地の領主が公文(くもん)に任じられた。保出現の当初より保司には在京の領主が多く,祇園感神院領の丹波国波々伯部(ははかべ)保,近江国守富(もりとみ)保を領有した感神院大別当行円や若狭国国富保をはじめ数多くの官厨家領の便補保(びんぽのほ)を立てた官務小槻隆職(おづきのたかもと)が著名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の保司の言及

【保】より

…所領としての特質に関しても,(a)〈別名〉についての,在家(ざいけ)群に即した呼称,(b)住人支配を認められた所領,(c)国守が負っていた何らかの負担を土地に転嫁する際に立てられた所領,ととらえる説など,さまざまであるが定説はない。一般には開発の申請を契機とし,国守の認定のもとに立保され,申請者は保司(ほし)として保の所務権を掌握した。立保の申請者が在京の領主であったばあい,現地で開発を請け負った在地の領主は公文職(くもんしき)を与えられた。…

※「保司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

保司の関連キーワードブランド責任者庄屋職業紹介責任者責任者総検校ペアレントアートスーパーバイザー保護責任者ライブラリアン責任会計

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保司の関連情報