コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入海貝塚 いりみかいづか

2件 の用語解説(入海貝塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入海貝塚
いりみかいづか

愛知県知多郡東浦町緒川の入海神社境内にある縄文時代早期の貝塚。尖底で胎土に繊維を含む条痕文土器 (東海地方で入海式土器と呼ばれている) を出土する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

いりみかいづか【入海貝塚】


愛知県知多郡東浦町緒川にある集落跡。町内の緒川(おがわ)の台地上、衣ヶ浦湾に注ぐ境川流域を占めており、現在は入海神社境内の約1200m2にわたる区域にある。標高約12mの段丘上に位置し、4回にわたる発掘調査の結果、約7000年前の縄文時代早期の貝塚であること、知多半島北部貝塚群の中心的な遺跡であることが判明した。貝層の厚さは薄いところで約40cm、厚いところで約110cmあり、貝塚の組成貝類はハイガイが約75%、マガキが約15%で、ほかにアカニシやオキシジミなどが見つかっている。ハイガイは浅瀬の干潟(ひがた)が発達した地域にだけ棲息することから、当時の貝塚周辺は干潟が発達した海岸が広がっていたと見られ、早期と前期の2層の保存状態もよく、わが国における縄文式早期~前期文化を知るうえで価値が高い。縄文早期貝塚の規模や出土した土器が「入海式土器」と認定されたことなどから、1953年(昭和28)に国の史跡に指定された。縄文早期土器層の上層からは、縄文晩期~弥生後期に属する土器や古墳時代の須恵器(すえき)、土師器(はじき)などが出土し、断続的ではあるが歴代の生活の場であったことを示している。JR武豊線緒川駅から徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

入海貝塚の関連キーワード東浦愛知県知多郡東浦町生路愛知県知多郡東浦町石浜愛知県知多郡南知多町内海愛知県知多郡東浦町緒川愛知県知多郡南知多町篠島愛知県知多郡愛知県知多郡東浦町愛知県知多郡東浦町藤江愛知県知多郡東浦町森岡

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone