入海貝塚(読み)いりみかいづか

国指定史跡ガイドの解説

いりみかいづか【入海貝塚】


愛知県知多郡東浦町緒川にある集落跡。町内の緒川(おがわ)の台地上、衣ヶ浦湾に注ぐ境川流域を占めており、現在は入海神社境内の約1200m2にわたる区域にある。標高約12mの段丘上に位置し、4回にわたる発掘調査の結果、約7000年前の縄文時代早期の貝塚であること、知多半島北部貝塚群の中心的な遺跡であることが判明した。貝層の厚さは薄いところで約40cm、厚いところで約110cmあり、貝塚の組成貝類はハイガイが約75%、マガキが約15%で、ほかにアカニシやオキシジミなどが見つかっている。ハイガイは浅瀬の干潟(ひがた)が発達した地域にだけ棲息することから、当時の貝塚周辺は干潟が発達した海岸が広がっていたと見られ、早期と前期の2層の保存状態もよく、わが国における縄文式早期~前期文化を知るうえで価値が高い。縄文早期貝塚の規模や出土した土器が「入海式土器」と認定されたことなどから、1953年(昭和28)に国の史跡に指定された。縄文早期土器層の上層からは、縄文晩期~弥生後期に属する土器や古墳時代の須恵器(すえき)、土師器(はじき)などが出土し、断続的ではあるが歴代の生活の場であったことを示している。JR武豊線緒川駅から徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android