東浦町(読み)ひがしうら

  • ひがしうらちょう〔チヤウ〕
  • 東浦〔町〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛知県西部知多半島の基部東岸にある町。 1948年町制。知多木綿の生産が盛んで,半田市とともに繊維工業地域を形成。家具・自動車部品工場もある。西部の丘陵では果樹飼料作物栽培乳牛飼育が行われ,東部低地では米作中心の兼業農家が多い。 65年以降,緒川 (おがわ) を中心として住宅地化が進む。入海貝塚 (史跡) ,中世の古窯跡群がある。 JR武豊線と国道 366号線,知多半島道路が通る。面積 31.14km2。人口 4万9230(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東浦町の関連情報