入谷(読み)いりや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入谷
いりや

東京都台東区北西部の地区。明治期までは近郊農村で,アサガオの産地として知られ,入谷朝顔発祥之地の碑がある。毎年7月に入谷鬼子母神 (真源寺) の境内を中心に朝顔市が開かれる。東京地下鉄日比谷線の入谷駅がある。なお別に足立区北西部の農業地域に入谷町の名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いりや【入谷】

東京都台東区北部の地名。武蔵野(山手)台地最東端の上野山の北東にあたる沖積地で,江戸時代には奥州街道沿いの寺町の裏側に相当し,大名下屋敷,町家や田畑が多かった。当時,切花や鉢物の栽培地として知られていたが,幕末までにその中心は,西新井(足立区)や鹿骨(ししぼね)(江戸川区)へ移った。しかし明治以後開かれるようになった入谷の鬼子母神(真源寺)の朝顔市(鉢物市)は毎年7月6~8日に行われ,地口の〈恐れ入谷の鬼子母神〉とともに知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いりや【入谷】

東京都台東区の地名。鬼子母神像をまつる真源寺は朝顔市で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入谷
いりや

東京都台東区(たいとうく)北部の一地区。東京メトロ日比谷(ひびや)線の入谷駅付近で、朝顔市で知られる。江戸時代には切り花、鉢物栽培の産地であった。「恐(おそ)れ入谷の鬼子母神(きしもじん)」と、その語呂(ごろ)のよさで知られた本尊の鬼子母神像を祀(まつ)る真源寺(しんげんじ)の境内は、毎年、七夕(たなばた)の前後3日間、朝顔市でにぎわう。入谷交差点付近に「朝顔発祥記念碑」があり、その隣には、入谷土器を開拓した「入谷乾山窯元(けんざんかまもと)碑」も建っている。[菊池万雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いりや【入谷】

東京都台東区北部の地名。朝顔市の立つ鬼子母神(真源寺)で知られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入谷の関連情報