コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全断面掘削 ぜんだんめんくっさくfull face cutting

1件 の用語解説(全断面掘削の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんだんめんくっさく【全断面掘削 full face cutting】

トンネル掘削方式の一つで,トンネルの完成断面となる形状(全断面)を一度に掘削する方式。トンネルの完成断面がある程度大きく,しかも地質がとくに良好とはいえない場合には,底設導坑,上部半断面部分,大背,土平(とべら∥どびら)などに分割して掘削が行われ,これを部分掘削工法といい,多くの場合に用いられる工法である。しかし,地質が十分に堅硬な場合やトンネル断面が比較的小さい場合には,最終必要な断面形状を一度に発破をかけて掘り崩す全断面工法が用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone