コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全評 ぜんぴょう

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんぴょう【全評】

日本労働組合全国評議会の略称。1934年11月18日,満州事変後の労働戦線の右翼的再編に対抗し,合法左翼組合の全労統一全国会議(加藤勘十高野実ほか)と日本労働組合総評議会(総評山花秀雄,田部井健次ほか)とが合同し,樺太から九州に至る12団体58組合6603人の参加によって結成された(委員長・加藤,書記長・田部井)。全協が事実上消滅したあと,〈階級的労働組合の全線統一〉をめざし,合法左翼系労働組合の全国組織として,反ファッショ戦線の統一や労働争議の指導に活発な活動を展開した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全評
ぜんぴょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の全評の言及

【人民戦線事件】より

…日中戦争開始後の,反ファシズム人民戦線運動を推進した日本無産党,日本労働組合全国評議会(全評)などに対する弾圧事件。共産主義者の組織的な反戦・反ファッショ運動が弾圧で壊滅したのちも,日本無産党(委員長加藤勘十),全評などいわゆる合法左翼団体の反ファッショ人民戦線を目ざす運動が続けられた。…

【反ファシズム】より

…また,労農団体は政党追随的で,おおむね無産政党の支配下にあり,独自に反ファシズム運動を組織することは少なかった。そのなかで1934年11月結成された全評(日本労働組合全国評議会)が組織目標に〈ファッショ,社会ファッショ反対〉を掲げ,37年まで反ファシズム運動を進めたことが注目されよう。 知識人の動きは,1933年4月の滝川事件に際して結成された大学自由擁護連盟,ナチスの焚書に対する抗議を契機に同年7月結成された反ナチス団体ともいえる学芸自由同盟(長谷川如是閑,徳田秋声,秋田雨雀,三木清ら)に示された。…

※「全評」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

全評の関連キーワードゴダール(Jean全日本労働総同盟(戦前)確率論的安全性評価重大事故[原子炉]日本労働組合総同盟REACH規則新古今和歌集兼田 富太郎宇宙開発政策人民戦線事件佐竹 五三九保坂 弘司佐竹五三九日野 啓三原子核工学加藤 勘十古今和歌集日本無産党北園 克衛安嶋 高行

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android