八代亜紀(読み)やしろ あき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八代亜紀 やしろ-あき

1950- 昭和後期-平成時代の歌手。
昭和25年8月29日生まれ。中学卒業後クラブなどでうたい,昭和46年レコードデビュー。47年テレビ「全日本歌謡選手権」に優勝し注目された。48年「なみだ恋」がヒット,ついで「ともしび」「恋歌」「舟唄」などのヒットをはなつ。55年「雨の慕情」でレコード大賞フランスのル・サロン展に5年連続入選して永久会員になるなど画家としても活躍。熊本県出身。本名は増田明子(旧姓橋本)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八代亜紀の関連情報