コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八代亜紀 やしろ あき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八代亜紀 やしろ-あき

1950- 昭和後期-平成時代の歌手。
昭和25年8月29日生まれ。中学卒業後クラブなどでうたい,昭和46年レコードデビュー。47年テレビ「全日本歌謡選手権」に優勝し注目された。48年「なみだ恋」がヒット,ついで「ともしび」「恋歌」「舟唄」などのヒットをはなつ。55年「雨の慕情」でレコード大賞フランスのル・サロン展に5年連続入選して永久会員になるなど画家としても活躍。熊本県出身。本名は増田明子(旧姓橋本)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

八代亜紀の関連キーワード極道の妻たち 赫い絆夜の演歌 しのび恋なかじままり水谷ひろし瀬名波仁菜愛ひとすじ伊藤つかさ木内竜喜川口由紀小川源多八雲圭祐千昌夫巴里絵阿久悠林寛一桂一蝶翔子演歌慕情

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八代亜紀の関連情報