コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八代焼 ヤツシロヤキ

3件 の用語解説(八代焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やつしろ‐やき【八代焼】

熊本県八代市から産する陶器。寛永年間(1624~1644)上野焼(あがのやき)の陶工上野喜蔵が創始、細川藩の御用窯として栄えた。象眼文を特色とし、茶陶にすぐれたものが多い。高田(こうだ)焼。平山焼。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やつしろやき【八代焼】

八代市高田こうだで産する陶器。渡来人陶工尊楷(和名、上野あがの喜蔵)が、寛永年間(1624~1644)に創業。肥後藩の御用窯で茶器を多く焼いた。白土象眼に特色がある。高田焼。平山焼。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八代焼
やつしろやき

熊本県の代表的陶窯で、高田焼(こうだやき)、平山焼ともいう。細川三斎(さんさい)が1632年(寛永9)転封によって八代(やつしろ)城に入城したとき、前任地の豊前(ぶぜん)(福岡県)上野(あがの)から上野焼の創始者上野喜蔵(きぞう)を伴い、現在の八代市奈良木町(旧名は高田)に窯(かま)を築いたのが発祥といわれる。初代ののち長男と次男は旧窯の南西麓(ろく)の平山(現八代市平山新町)に移窯し、1669年(寛文9)藩主細川綱利(つなとし)から八代焼物師を任命された。のち一家は陶業を守り、とくに1769年(明和6)に没した喜楽(号百芫(ひゃくし))は名工の名が高い。作品は茶碗(ちゃわん)、水指(みずさし)、花いけなどの茶陶に優れ、李朝(りちょう)陶芸の系譜を受けて象眼(ぞうがん)法を行い、黒釉(こくゆう)と白濁釉のほか透明釉をかけて瀟洒(しょうしゃ)な作風を展開した。江戸後期には、白土を胎土として黒象眼した白焼が好んで焼かれ、白高田(しろこうだ)とよばれて一風を形成した。明治中期(1890ころ)には上野一族は廃業したが、現在八代市日奈久(ひなぐ)にある窯は、その伝統を受け継いでいる。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の八代焼の言及

【象嵌】より

…また高麗末期から李朝にかけて作られた三島にも,高麗青磁から変化したと考えられる象嵌手法がみられる。日本では八代焼(熊本県)に象嵌装飾のものが多く,現在でも作られている。高麗美術 木製品における象嵌には,主として黒檀などの堅木類や象牙などが嵌め込む材料として使われる。…

※「八代焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八代焼の関連キーワード熊本県八代市揚町熊本県八代市沖町熊本県八代市新町熊本県八代市出町熊本県八代市通町熊本県八代市東町熊本県八代市袋町熊本県八代市本町熊本県八代市港町熊本県八代市迎町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八代焼の関連情報