コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田焼 こうだやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田焼
こうだやき

八代焼,平山焼とも呼ばれる。豊前 (福岡県) の細川忠利転封によって肥後 (熊本県) に移ったとき,上野 (あがの) の陶工上野喜蔵が招かれて,寛永 10 (1633) 年,八代郡高田郷奈良木村 (八代市) に築窯した藩窯に始る。のち万治1 (58) 年,喜蔵の息子の忠兵衛と藤四郎が豊原村字平山に移築して継承した。製品は薄造りの茶陶が多く,胎土赤褐色,釉 (うわぐすり) は青色を帯びて,朝鮮唐津の色調に近い。4世藤四郎のとき,白土黒土を象眼する方法が案出され,すぐれた茶器を作った。文化文政期に隆盛期を迎えたが,明治に入って衰えた。現在は八代市日奈久に窯がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

高田焼[陶磁]
こうだやき

九州・沖縄地方、熊本県の地域ブランド。
八代市・八代郡氷川町で製作されている。来歴は明らかではないが、江戸時代初期の1632(寛永9)年に細川家転封のため、細川三斎に従って八代へ移った尊楷が、高田の奈良木(現・八代市奈良木町)に窯を築いたといわれる。初期の作品は、褐色・黒色・青色などの釉薬を使い、粒子の粗い粘土を用いた素朴で力強い作風であった。その後、きめ細かい胎土を用いるようになり、象嵌の技法が完成され太白焼と呼ばれるものも焼かれた。現在、青緑色の青磁釉を使用した高麗青磁の作品が多く製作されている。熊本県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

高田焼の関連キーワード上野忠兵衛(2代)上野藤四郎吉原素淵八代焼

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android