コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野焼 あがのやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上野焼
あがのやき

福岡県福智町上野で産する陶器。慶長 10 (1605) 年頃,帰化朝鮮陶工の尊楷 (日本名,上野喜蔵) が創始したと伝えられる。江戸時代,遠州七窯 (→小堀遠州 ) の一つに数えられた。初期の作品は土灰釉 (どばいゆう) ,藁灰釉 (わらばいゆう) ,鉄釉などを使っており,唐津焼と区別しがたい。尊楷以降は系統が3家に分かれ,のちに白地に銅緑釉や三彩をかけたものが主流となり,上野焼の特色となって今日にいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あがのやき【上野焼】

福岡県田川郡赤池町上野に築かれた陶窯。唐津焼と同じく朝鮮半島から渡来した陶工尊楷(日本名上野喜蔵)が,領主細川忠興の命をうけて1601年(慶長6)同地に窯を築いたとされる。22年(元和8)の《田川郡家人畜御改帳》には,上野村焼物山の条に焼物師8名の存在がしるされている。桃山から江戸時代にかかる初期の窯は,上野にある釜ノ口窯,上野皿山本窯,方城町の岩谷高麗窯が知られている。32年(寛永9),2代藩主細川忠利が熊本に移封されるにあたって,尊楷の直系は同行して同地に八代窯をおこした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あがのやき【上野焼】

福岡県上野で作られた陶器。細川三斎に従って朝鮮から渡来した陶工尊楷(上野喜蔵)が1600年に創始したという。遠州七窯の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上野焼
あがのやき

豊前(ぶぜん)国上野(福岡県福智(ふくち)町上野)で焼かれた焼物。開窯は、細川家が豊前小倉(こくら)に封ぜられた1602年(慶長7)以後で、朝鮮半島から渡来した尊楷(そんかい)によるといわれ、豊前小倉藩の御用窯(ごようがま)となる。本格的な窯業は慶長(けいちょう)年間(1596~1615)中期以後、上野喜蔵(あがのきぞう)による釜(かま)ノ口窯(福智町上野字堀田)から始まる。このほかに皿山(さらやま)窯(本窯)、岩谷窯(唐人窯)が開かれ、この三窯を上野古窯とよび、遠州七窯(えんしゅうなながま)の一つとされている。初期の作風は高取(たかとり)焼に類似し、灰釉(かいゆう)、長石釉、黒釉を用いて日常の器皿と茶具を焼いた。なお皿山窯は、細川家が熊本へ転封になったのち、藩主小笠原(おがさわら)家の御用窯となり、上野喜蔵は細川家とともに熊本へ移り八代(やつしろ)焼を始めたと伝えられる。[矢部良明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

上野焼[陶磁]
あがのやき

九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
福岡県田川郡福智町上野及びその周辺の地域において採掘された陶土を主原料として同地域で製造された陶器製の徳利・茶碗・湯飲み・食器・茶道用の急須・茶道用の皿・茶道用の茶入・茶器・香炉・鑑賞用の湯飲み・置物・風鈴。1602(慶長7)年、利休七哲の一人である初代小倉藩主・細川忠興が、朝鮮の陶工・尊楷を招いて上野の地に登り窯を築いたのが始まり。のちに徳川家の茶道指南役・小堀遠州が茶器をつくるために全国七ヶ所の窯元を選定した際、遠州七窯の一つとなる。茶陶として発展した上野焼は、軽く薄い。灰釉・銅釉・鉄釉を駆使した色彩美が特徴。1983(昭和58)年4月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2007(平成19)年4月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5039644号。地域団体商標の権利者は、上野焼協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

上野焼の関連キーワード福岡県田川郡福智町上野十時孫左衛門(5代)十時孫左衛門(4代)十時孫左衛門(初代)福岡県田川郡大任町上野釜ノ口古窯址福智(町)細川三斎小代焼八代焼文禄豊前

上野焼の関連情報