コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八味地黄丸 はちみじおうがん

大辞林 第三版の解説

はちみじおうがん【八味地黄丸】

漢方薬の一。地黄・山茱萸さんしゆゆ・山薬さんやく・沢瀉たくしや・茯苓ぶくりよう・牡丹皮・桂皮の粉末と、附子ぶしの煎液と蜂蜜より成る丸薬。排尿異常・精力減退・腰痛などに用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

はちみじおうがん【八味地黄丸】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)地黄山茱萸(さんしゅゆ)沢瀉(たくしゃ)山薬(さんやく)茯苓(ぶくりょう)牡丹皮(ぼたんぴ)桂枝(けいし)または桂皮(けいひ)附子(ぶし)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。漢方でいう泌尿生殖器機能の衰えを中心とした腎虚(じんきょ)に処方する代表的漢方薬。前立腺(ぜんりつせん)肥大夜尿症頻尿(ひんにょう)排尿困難勃起不全腰痛糖尿病白内障高血圧の諸症状などに用い、手足の冷え、疲労倦怠(けんたい)感といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。下腹部の緊張が弱く、体力の衰えた人がおもな対象。胃弱者には不適。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八味地黄丸の関連情報