山茱萸(読み)サンシュユ

デジタル大辞泉の解説

さん‐しゅゆ【山××萸】

ミズキ科の落葉小高木。葉は楕円形。樹皮ははげやすい。早春、葉より先に黄色の小花を密につける。実は熟すと赤くなり、漢方で滋養強壮薬とする。朝鮮半島・中国の原産で、庭木にする。 花=春 実=秋》「―の既に黄の濃き蕾(つぼみ)かな/年尾

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さんしゅゆ【山茱萸】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ミズキ科サンシュユの果肉を乾燥したもの。疲労回復、滋養強壮止血などの作用がある。排尿困難むくみかすみ目に効く牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)前立腺(ぜんりつせん)肥大勃起不全糖尿病高血圧に効く八味地黄丸(はちみじおうがん)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんしゅゆ【山茱萸】

ミズキ科の落葉小高木。中国・朝鮮原産。江戸中期に渡来。花木・薬用植物として栽植。樹皮は黒褐色で剝落はくらくする。葉は楕円形。春、葉より先に枝頂に黄色の小花を多数散形につける。秋、楕円形の核果が赤く熟す。春黄金花はるこがねばな。秋珊瑚あきさんご。 〔「山茱萸の花」は [季] 春〕
の完熟した果実から核を除いて乾燥させた生薬。収斂しゆうれん・強壮薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山茱萸 (サンシュユ・ヤマグミ)

学名:Cornus officinalis
植物。ミズキ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山茱萸の関連情報