腎虚(読み)じんきょ

精選版 日本国語大辞典「腎虚」の解説

じん‐きょ【腎虚】

〘名〙 漢方の病名で、腎水(精液)が涸渇(こかつ)し、身体が衰弱すること。房事過度のためにおこる衰弱症。
※俳諧・犬筑波集(1532頃)恋「いのちしらずとよしいはばいへ 君ゆへに腎虚せむこそ望なれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「腎虚」の解説

じん‐きょ【腎虚】

[名](スル)
漢方で、虚弱体質・精力減退に類する症状。
俗に、過度に性交することによる男性のからだの衰弱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「腎虚」の解説

じんきょ【腎虚】

漢方の病名漢方医学では〈〉は精液(腎水)をつくる臓器とされ,精液が枯渇するとなると考えられ,とくに房事過多がその原因とされた。いわば過淫による強度の衰弱症である。したがって江戸時代には小咄や川柳などの題材によくとりあげられた。〈腎をば堅っ苦しい奴が病み〉(《柳多留》),〈入聟のじんきょはあまり律義過〉(《末摘花》)。豊臣秀吉の死因は荒淫による腎虚といわれている。【立川 昭二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android