八洲国(読み)ヤシマクニ

大辞林 第三版の解説

やしまくに【八洲国】

日本国の別名。大八洲おおやしま。八洲。 八千矛の神の命は、-妻まきかねて/古事記 は本来多数の意であったと考えられるが、記紀成立の頃には数字のとする考えが生じ、本州・九州・四国などをはじめとして、実際に八つの島が比定されるようになった

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八洲国の関連情報