八道(読み)ハチドウ

デジタル大辞泉の解説

はち‐どう〔‐ダウ〕【八道】

八正道(はっしょうどう)」の略。

律令制で、東海東山北陸山陰山陽南海西海七道畿内を加えたもの。また、明治時代、七道に北海道を加えた称。
朝鮮の行政区画としての八つの道。京畿(キョンギ)・江原(カンウォン)・咸鏡(ハムギョン)・平安(ピョンアン)・黄海(ファンヘ)・忠清(チュンチョン)・慶尚(キョンサン)・全羅(チョルラ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はちどう【八道】

奈良時代の七道(東海道・東山道・北陸道・山陰道・山陽道・南海道・西海道)に明治になって北海道を加えたもの。
朝鮮の八つの行政区域。京畿道チヨンギド・江原道カンウオンド・咸鏡道ハムギヨンド・平安道ピヨンアンド・黄海道フアンヘド・忠清道チユンチヨンド・慶尚道キヨンサンド・全羅道チヨルラドの総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android