コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西海道 さいかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西海道
さいかいどう

現在の九州地方。古代,五畿七道の一つ。奈良時代には筑前,筑後,豊前,豊後,肥前,肥後,日向,大隅,薩摩の9国と壱岐,対馬,多ね (たね) の3島であったが,平安時代初期,多ね島が大隅に編入され9国2島となった。大宰府の統轄下にあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さいかい‐どう〔‐ダウ〕【西海道】

五畿七道の一。今の九州地方全域。大宰府(だざいふ)が統轄。初め筑前筑後豊前(ぶぜん)豊後(ぶんご)肥前肥後日向(ひゅうが)の7国と壱岐(いき)対馬(つしま)の2島。天長元年(824)以後、薩摩(さつま)大隅(おおすみ)を加えた9国2島となる。慶長14年(1609)に琉球も含む。また、これらの国々を結ぶ街道のことをもいう。西の海の道。西海。鎮西(ちんぜい)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

西海道【さいかいどう】

五畿七道の一つ。今の九州地方。《古事記》では筑紫(つくし)・豊(とよ)・肥(ひ)・熊襲(くまそ)の4国。7世紀末に筑・豊・肥をそれぞれ前後に分け,熊襲は日向(ひゅうが)となり,壱岐(いき)・対馬(つしま)・多【ね】(たね)の3島を加え,8世紀初めに日向から分かれた薩摩(さつま)・大隅(おおすみ)を加えて9国3島。
→関連項目壱岐島駅・駅家大隅国薩摩国筑後国筑前国対馬島肥後国肥前国日向国豊前国豊後国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいかいどう【西海道】

日本古代の地方行政区画の七道(五畿七道)の一つ。現在の九州地方。西海道の名称は701年(大宝1)が初見であるが,それ以前この地域は筑紫(つくし),西道などと記された。《西宮記》では〈ニシノミチ〉〈ニシノウミノミチ〉と読んでいる。日本の西端にあり朝鮮半島や中国大陸への玄関口に当たるため,古くから文化流入の上ばかりでなく外交面でも重要な位置にあった。6世紀ころに筑紫大宰(つくしのおおみこともち)が置かれ,北九州を中心とする地域の支配管理に当たっていたことはそれを裏づける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいかいどう【西海道】

律令制における七道の一。今の九州地方、すなわち筑前・筑後・豊前ぶぜん・豊後ぶんご・肥前・肥後・日向ひゆうが・大隅・薩摩の九国と壱岐・対馬の二島。また、そこを通る幹線道路をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の西海道の言及

【駅伝制】より

…中央から辺境にのびる道路にそい,適当な間隔で人・馬・車などを常備した施設すなわち駅を置き,駅を伝わって往来する交通・通信の制度。世界史上,前近代に広大な地域を支配する中央集権国家が成立すると,外敵の侵入や国内の反乱に直ちに対処するばあいを含め,支配維持のために中央と地方とを常時連絡する手段が必要となり,さまざまな形態の駅伝が制度として定められるのが一般であった。このように駅伝制はもともと前近代における支配手段の一種であったから,国家の管理下に置かれて民間の自由な利用は許さないのが原則であり,また国家権力の解体とともに衰退していった。…

【五畿七道】より

…また日本全国を表す語としても用いられた。五畿は山城・大和・河内・和泉・摂津の畿内の5ヵ国をさし,七道は東海道・東山道・北陸道・山陰道・山陽道・南海道・西海道(各項目参照)をさす。畿内は皇都周辺の特別行政地域として646年(大化2)に設置された。…

※「西海道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西海道の関連情報