コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八重山上布 ヤエヤマジョウフ

大辞林 第三版の解説

やえやまじょうふ【八重山上布】

沖縄県八重山地方で織られる上布。白地に紅露の根から採れる赤茶色の染料で絣かすり模様を捺染なつせんしたもの。かつて宮古上布とともに、薩摩上布とよばれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

八重山上布[染織]
やえやまじょうふ

九州・沖縄地方、沖縄県の地域ブランド。
石垣市・八重山郡竹富町で製作されている。八重山上布の起源は不明だが、17世紀初頭、薩摩藩人頭税がわりに納められた布として知られる。上布とは、苧麻を主原料とした白地に、石垣島の山野に自生する紅露染料をすり込み捺染したもの。わずかに黒味を帯びた焦茶色の絣がくっきり浮かぶ。涼感あふれる夏物着尺として好評。沖縄県伝統工芸製品。1989(平成元)年4月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の八重山上布の言及

【上布】より

…〈上布〉の語は,献上,上納された布の意との説もあるが,江戸時代には上布,中布,下布などの呼称があり,糸の細いものを上布と呼んだ。日本に自生,もしくは植栽する苧麻(ちよま)(カラムシ,ラミー)や大麻から採った苧(お)を,細かく精良に手績(てうみ)した糸を経緯に使い織り上げたもので,越後上布宮古上布,八重山上布,能登上布等が歴史も古く有名である。上布は総じて細い糸を使うため軽くて通気性に富み,汗をかいても肌にべとつかず,夏季衣料の最高のものとされる。…

【人頭税】より

…その理由は,この両地域が米・麦・粟などのかわりに反布(たんぷ)を納めることを義務づけられていたからである。1人当りの租税負担額に応じた反布を織らせるためにきびしい監督体制が設定されていたが,そのとき生産された布が今に伝わる〈宮古上布〉〈八重山上布〉である。過酷な税制度であったため各地に悲劇的なエピソードが伝わっているが,中でも宮古の〈人頭税石〉,与那国(よなぐに)島の〈久部良割(くぶらばり)〉は有名である。…

※「八重山上布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

八重山上布の関連キーワード八重山交布(グンボウ)石垣市立八重山博物館沖縄県石垣市薩摩上布宮古上布竹富島石垣市細上布