宮古上布(読み)ミヤコジョウフ

世界大百科事典 第2版の解説

みやこじょうふ【宮古上布】

麻織物の一種。沖縄県宮古島産の上布で,越後上布とならび夏着尺地の双璧(そうへき)とされる。近世に沖縄を支配した薩摩藩がその流通をつかさどったので薩摩上布とも呼ばれる。1583年宮古の部落長,下地真栄の妻,稲石(いないし)がくふうしてつくり出し琉球王尚永に献上したのが始まりと伝えられる。その後王府の御用布に指定され,1659年(万治2)以後人頭税賦課に伴い薩摩藩への貢納布として生産され,1903年の地租条例実施まで続いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みやこじょうふ【宮古上布】

沖縄県宮古島で織られる極上の苧麻ちよま紺上布。慶長より明治中期まで薩摩上布とよばれていたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮古上布
みやこじょうふ

沖縄県宮古島産の苧麻(ちょま)織物で、その起源は古く天正(てんしょう)年間(1573~92)ごろにさかのぼるという。宮古紺上布といわれ、上納布として用いられ、薩摩(さつま)藩からも注文を受けて製織された。江戸時代に薩摩上布といわれたものは、この宮古上布および八重山(やえやま)・石垣(いしがき)島産の八重山上布であったといわれる。1887年(明治20)ごろ平良(ひらら)の士族の女子の内職として一時盛んにつくられたが、その後安価な台湾産チョマを用いるに至ってやや品質低下をきたしたことがあった。
 宮古上布は古来、布の薄いのが特徴で、優秀品は天保(てんぽう)銭の穴を通るといわれた。仕上げ法に特徴があり、松葉を煮出した液で煮沸したのち、生麩(しょうふ)または葛粉(くずこ)で糊(のり)付けし、乾燥後杵(きね)で打ち、水洗して糊を落とし、これを数回繰り返して仕上げる。八重山上布に比べて杵打ちの回数が多く、独特の光沢をもっているのが特徴である。1978年(昭和53)宮古上布保持団体が国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。[山辺知行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

宮古上布[染織]
みやこじょうふ

九州・沖縄地方、沖縄県の地域ブランド。
沖縄県宮古島市・宮古郡多良間村で生産される麻織物。400年前の琉球王朝時代、夫の栄進に喜んだ妻が心を込めて布を織り、琉球王に献上した。これが宮古上布の始まりと伝えられている。苧麻手紡糸を原料とし、琉球藍で染めてから織りあげる。光沢があり涼しげで、いつまでも色褪せない。昔ながらの緻密な手法がすべての工程において守られており、絣括りの技法が特徴。沖縄県伝統工芸製品。1975(昭和50)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2008(平成20)年6月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5146291号。地域団体商標の権利者は、宮古織物事業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の宮古上布の言及

【上布】より

…〈上布〉の語は,献上,上納された布の意との説もあるが,江戸時代には上布,中布,下布などの呼称があり,糸の細いものを上布と呼んだ。日本に自生,もしくは植栽する苧麻(ちよま)(カラムシ,ラミー)や大麻から採った苧(お)を,細かく精良に手績(てうみ)した糸を経緯に使い織り上げたもので,越後上布宮古上布,八重山上布,能登上布等が歴史も古く有名である。上布は総じて細い糸を使うため軽くて通気性に富み,汗をかいても肌にべとつかず,夏季衣料の最高のものとされる。…

【人頭税】より

…その理由は,この両地域が米・麦・粟などのかわりに反布(たんぷ)を納めることを義務づけられていたからである。1人当りの租税負担額に応じた反布を織らせるためにきびしい監督体制が設定されていたが,そのとき生産された布が今に伝わる〈宮古上布〉〈八重山上布〉である。過酷な税制度であったため各地に悲劇的なエピソードが伝わっているが,中でも宮古の〈人頭税石〉,与那国(よなぐに)島の〈久部良割(くぶらばり)〉は有名である。…

【平良[市]】より

…琉球王朝時代から明治期に至るまで,過酷な人頭税が課せられていたが,1893年からの新潟県人中村十作,那覇出身の城間正安らの指導による人頭税廃止運動で,1903年にようやく撤廃された。貢納布であった宮古上布は,78年に国の重要無形文化財の指定を受けた。北部の島尻から北へ海上約4kmの大神島(面積約0.3km2)は御嶽(おたけ)信仰の祭事に古くからの伝統を守り,外来者は参加できない。…

【宮古島】より

…また,琉球王朝時代から明治初期に至るまで,過酷な人頭税が八重山列島と同様に課せられていた。その貢納布であった宮古上布は,1978年国の重要無形文化財に指定されている。島はサトウキビを基幹作物とし,冬から春にかけての端境期に出荷されるカボチャ,トウガン,スイカなどの野菜や,タバコ,花卉が栽培され,養蚕や畜産も盛んである。…

※「宮古上布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮古上布の関連情報