コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公害教育 こうがいきょういく

2件 の用語解説(公害教育の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公害教育
こうがいきょういく

公害の発生原因,現象形態,被害状況などを系統的に把握し,正確な知識に基づいて積極的に公害防止のための対策や方法を探ろうとする教育。最近では自然保護リサイクル運動などの視点も取入れた全人格的教育の一端として,環境教育が提唱されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公害教育
こうがいきょういく

1960年前後からさまざまな公害現象が問題とされるようになり、それに応じて教育現場において公害教育が社会的課題として受け取られ、実践されるようになった。その後、公害現象は環境問題一つとしてとらえられるに至り、1980年代後半以降、公害教育も、より包括的な環境教育に組み込まれることとなった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone