コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公害調停 こうがいちょうてい

2件 の用語解説(公害調停の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公害調停
こうがいちょうてい

従来の「公共用水域の水質の保全に関する法律」, 大気汚染防止法 ,騒音規制法などの紛争に関する和解の仲介などを発展させて設けられた,公害紛争に関する調整制度。公害対策基本法 21条に基づいて制定された,公害紛争処理法 (昭和 45年法律 108号) によって設けられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公害調停

公害紛争処理法に基づき、騒音や環境汚染など公害の発生源者と被害者が話し合って問題解決する方烹都道府県公害審査会が置かれ、申請を受けた場合、弁護士学識経験者ら3人の委員が当事者間の主張の調整にあたり、当事者に「あっせん」「仲裁」「調停」などを行う。静岡県の審査会委員は弁護士や医師や、学者ら12人。広域事件などの場合、国の公害等調整委員会が担当する。

(2006-04-06 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公害調停の関連キーワード公害等調整委員会公害紛争処理法仲裁環境汚染苦情処理機関指標種ハイテク汚染建設公害公害物質紛争処理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公害調停の関連情報