コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公式様文書 くしきようもんじょ

世界大百科事典 第2版の解説

くしきようもんじょ【公式様文書】

古文書学用語。律令時代公文書は公式令にその名称,書式用法などが定められており,この規定に則した文書を総称していう。それを大別すると,(1)(a)天皇仰せを下達し,(b)または天皇に奏上する文書,(2)(a)皇太子三后(太皇太后,皇太后,皇后)の仰せを下達し,または(b)上申する文書,(3)(a)官庁間での命令下達,(b)上申,(c)互通の文書,(4)個人から官庁へ上申する文書,(5)特殊文書,に分けられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の公式様文書の言及

【古文書】より

…これは古くより広く行われた分類法であるが,それを発展させたものとして(3)公文書,準公文書,武家文書,荘園関係文書,私文書という分類法もある。また(4)時代によって古代の文書,中世の文書,近世の文書と分けることも行われるが,(5)古文書の時代的変遷とその様式の変化に重点を置いて,政治的文書を公式(くしき)様文書公家様文書武家様文書と分け,それ以外の非政治的な文書を上申文書,証文類,帳簿類と分けることがある。しかし公家様,武家様というのは発給者別の分類で,厳密には様式分類とはいいがたい。…

※「公式様文書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公式様文書の関連キーワード副状∥添状武家様文書古文書宛書充所脇付平出