コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公衆送信権 コウシュウソウシンケン

2件 の用語解説(公衆送信権の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうしゅうそうしん‐けん【公衆送信権】

著作者が、公衆に受信されることを目的として著作物を送信する権利を専有すること。平成10年(1998)1月に改正された著作権法第23条に規定される。公衆送信には、放送(テレビラジオ放送)、有線放送(音楽有線放送、ケーブルテレビ)、自動公衆送信パソコン通信インターネットなどの双方向性送信)などがある。自動公衆送信の場合は、著作者に送信可能化権も認めている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

公衆送信権

著作権者が著作物を“公衆によって直接受信されることを目的として無線通信又は有線電気通信の送信を行うこと”(「著作権法」第2条第1項7の2号)のできる権利.具体的には,〈1〉テレビやラジオなどによって著作物を放送できる権利(放送権),〈2〉ケーブルテレビ(CATV)や有線音楽放送などによって著作物を放送できる権利(有線放送権),〈3〉インターネットなどを通じてデジタル化された著作物を利用者からの求めに応じて自動的に送信することのできる権利(自動公衆送信権)からなる.1997(平成9)年の「著作権法」改正により創設された.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公衆送信権の関連情報