コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六人部王 むとべのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六人部王 むとべのおう

?-729 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
田形(たがた)内親王の夫。笠縫(かさぬい)女王の父。和銅3年(710)従四位下となる。霊亀(れいき)2年に志貴親王の喪事を担当する。神亀(じんき)元年正四位上となる。3年聖武天皇の播磨(はりま)印南野(いなみの)への行幸で装束司をつとめた。長田(ながたの)王,門部(かどべの)王らとともに風流侍従と評された。神亀6年1月11日死去。身人部王とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

六人部王の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android