コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六島諸島 ろくとうしょとう

2件 の用語解説(六島諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六島諸島
ろくとうしょとう

山口県北部,萩市中心市街地の北方沖合いに散在する玄武岩の小島群。主島の大島 (3km2) ,相島,櫃島,尾島,肥島,羽島の6島からなり,萩市に属する。尾島,肥島,羽島は無人島。全島が北長門海岸国定公園に含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六島諸島
ろくとうしょとう

山口県萩(はぎ)市に属し、日本海に浮かぶ玄武岩台地の島嶼(とうしょ)群。最大の大(おお)島(3.00平方キロメートル)のほか、相(あい)島(2.48平方キロメートル)、櫃(ひつ)島(0.83平方キロメートル)、羽(は)島、尾(お)島、肥(ひ)島の六島からなり、もっとも遠い相島は本土の浜崎港から北西へ14キロメートル。近世には長州藩浜崎宰判(はまさきさいばん)に属する一島一村であったが、1889年(明治22)六島村となり、1955年(昭和30)萩市に編入。葉タバコ、夏ミカン栽培など農業中心であるが、大島では敷網・巻網漁業も行われる。2009年(平成21)の人口は大島914人、相島199人、櫃島8人で、他の三島は無人島であるが、肥島は1965年まで1人、羽島は1971年まで44人、尾島は1972年まで26人が住んでいた。六島周辺は海食崖(がい)が発達し、その傑出した景観は北門長(きたながと)海岸国定公園の一部となり、磯(いそ)釣りの好漁場として知られる。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六島諸島の関連キーワード国の中心市街地活性化策山口県萩市明木山口県萩市大井山口県萩市川島山口県萩市紫福山口県萩市中小川山口県萩市羽島山口県萩市土原山口県萩市見島山口県萩市山田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone