コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾島 おじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾島
おじま

群馬県南東部,太田市南部の旧町域。利根川沿いにある。 1889年町制。 1957年世良田 (せらた) 村の一部を編入。 2005年太田市,新田町,藪塚本町と合体して太田市となった。第2次世界大戦中に航空機関係の工場が設置され,戦後はその跡に電機工場が誘致され関連工場も立地し電気機器の町として発展。付近は野菜栽培も盛んで,ヤマトイモの生産は国内屈指。中世,新田氏荘園として開け,世良田の東照宮長楽寺は本殿をはじめ国の重要文化財を多数所蔵する社寺

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾島
おじま

群馬県南東部、新田(にった)郡にあった旧町名(尾島町(まち))。現在は太田市の南西部を占める。旧尾島町は、1889年(明治22)町制施行。2005年(平成17)太田市に合併。東武鉄道伊勢崎(いせさき)線、国道17号(上武(じょうぶ)道路)、354号が通じる。利根(とね)川の北岸にあるが、前小屋(まえごや)集落の一部が飛び地として南岸の埼玉県側にあったのは(2010年に深谷市に編入)、利根川流路の変遷を語っている。中世に新田氏の荘園(しょうえん)として開け、近世には、江戸幕府が世良田(せらだ)に東照宮および長楽(ちょうらく)寺を建てて崇敬した。両者には国指定重要文化財が多数あり、隣接した新田荘(にったのしょう)歴史資料館でも保存、展示が行われている。旧尾島町は繭取引の市場町から発展した小商店街で、第二次世界大戦中は中島飛行機の軍需工場があったが、1960年(昭和35)に三菱(みつびし)電機の工場が誘致され、以後、工業団地も造成され、各種工場が進出している。野菜の生産も多い。徳川地区に満徳(まんとく)寺があり、同寺は鎌倉の東慶(とうけい)寺とともに「縁切寺」として知られた。満徳寺は徳川幕府瓦解(がかい)に伴い、1872年(明治5)に廃寺となったが、1992年(平成4)に旧尾島町によって復元され、太田市立縁切寺満徳寺資料館もあり、周囲は遺跡公園になっている。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

尾島の関連キーワード北長門海岸国定公園エリザベス(2世)酸ハロゲン化物中島 知久平中島 源太郎群馬県太田市大島 正満小寺 菊子小川宇兵衛尾島江利子尾島[町]太田(市)百間川遺跡中島知久平山口県萩市大館氏明藪塚本町成田優介新田義貞岩松経家

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾島の関連情報